スーパーミニプラ 超電子 バイオマン バイオドラゴン&バイオロボ 1レビュー

 Super Minipla Choudenshi Bioman BigScale Biodragon & DenshiGattai Biorobo 

 2021.02.25 スーパーミニプラ ビッグスケール バイオドラゴンと 

 電子合体 バイオロボの2つの商品のレビューです。 

 戦艦のバイオドラゴンはプレミアムバンダイ限定です。 

 バイオドラゴン:11000円(税込み)。私の地域では2月19日発送開始。 

 バイオロボ:5500円(税込み)。2月15日発売。 

 送料別。バイオロボの方が数日早く発売されました。 

 ウチに有る戦隊系のスーパーミニプラ。 

 初期の大獣神やライブロボ等を買い逃している為、無いです。 

 再販されたら買いたいです。 

 これ以上、このスペースには入らないですが(^▽^;) 

 ↑ TV番組の古い順から。スーパーミニプラ バイオロボが一番地味ですね。 

 シールを貼るともっとカラフルなります。逆に言うと 

 シールじゃないと塗装や成型色による色分け再現が難しく、 

 コストが掛かるロボなのですね。 

 積み木の様な体系のジェットイカロスがこうして見ると 

 いかにも主人公ロボな感じで、 

 作品のテーマをより取り入れたデザインになってますね。 

 ↑ ブラックビクトリーロボは1号ロボではないのですが一応。 

 こちらのロボ達は個人的には顔が小さいのが不満なのですが 

 今風のスタイルになってカッコイイですよね。 

 ↑ 箱。縦24cm、横31cm、厚み8.5cmぐらいです。 

 大きさの設定やギミックまでほぼ載ってる完璧な箱デザイン。 

 当時の箱を模しているのかな?と思いますが 

 現物を持ってないので比較はできませんです。 

 ↑ 箱の横面。 

 ↑ 箱の上下面。上面が空母で下面が戦艦と 

 変形による違いが解り易い構成ですね。 

 ↑ 中身。これが箱にギッチリ入ってて 

 箱サイズにしては結構重く感じました。 

 プラモには珍しくプチプチで包まれたパーツも。 

 結局、擦り傷は付いてましたが('∀^;) 

 ↑ スーパーミニプラ バイオドラゴン 説明書。 

 パーツは大きくても、部品数は多くはないので 

 1日も有れば充分に作成可能です。 

 ↑ 前回の戦艦、ジャガーバルカンみたいにバネによる発射ギミックは無いですね。 

 その代わり、前作と違って変形がありますね! 

 ジャガーバルカンはただ開いただけな感じでしたものね。 

 ↑ ここからはランナー状態を。 

 一部塗装がされております。 

 ↑ クリアー成型の剣が付いてますね! 

 こういうオマケで後からアップグレードされるのは良いですね。 

 ↑ 底板と中の板。ここが塗装再現なのは非常に有難いですね。 

 シールだとタイヤの跡が付いちゃう可能性がありますからね。 

 ↑ スーパーミニプラ ジャガーバルカンとバイオドラゴン。 

 ↑ だいたい同じぐらい。 

 ↑ では、バイオドラゴン。戦艦モードから。 

 ↑ まず上面を開きます。 

 ↑ そうすると側面ごと開く様になります。 

 側面の内側には剣と平手の手首が嵌っているのが解ります。 

 ↑ ランディングギアも出したら、側面、前面装甲を畳んで 

 艦橋をスライドさせれば空母に変形します。 

 戦艦から空母に変形するメカは珍しいですね。 

 だいたい どちらかですよね。 

 ↑ 走行用車輪パーツという謎の別パーツが付属します。 

 ランディングギアにも車輪付いていますけど。 

 これは、たぶん、旧玩具再現ですね。 

 外すと余剰パーツになります。 

 側面の上面のパーツも横スライドします。 

 ここは劇中だとレーザーが出てましたね。 

 また、ランディングギアの1つには 

 バイオマン乗降用のエスカレーターが有り、展開可能。 

 なんと!差し替え無しでエスカレーターを出し入れできます。 

 ↑ バイオジェット1号も2号もただ置くだけで 

 固定は出来ないのでブンドド派には動かし辛いですね。 

 更にバイオロボのシールドなども収納できるのは良いのですが 

 底面のスペースは入れるだけで、固定できないので 

 中で動きまくりでカラカラと音を立ててしまうのが惜しいです。 

 側面は固定できます。 

 ↑ こんな感じになりますね。 

 シンプルで非常に良いですね。 

 シンプルだからこそ、他の玩具も載せ易いと。 

 ↑ ジャガーバルカンも載せられるという。 

 ↑ もはや、こういう玩具みたいです。 

 ↑ さらに関係ない別の玩具、空母のダグベースの上に載せて 

 大圧殺ゴッコもできますね(*^▽^*) 

 ↑ 正面。ドラゴン要素はあまりなくジンベイザメ的な前面。 

 ↑ 後ろ。 

 ↑ ランディングギアを展開してると四つ足みたいで 

 可愛らしい側面。車輪パーツは外してます。 

 ↑ こちらは車輪パーツを付けたままの側面です。 

 ↑ こういう風に格納します。 

 ↑ 空母モード。 

 ↑ 側面は両側とも開く事が可能。剣や平手の手首パーツを仕舞う事が可能です。 

 シールドと塩素系ガス中和剤というパーツを底面に収納可能。 

 前述の様に固定はされません。 

 ↑ レビューはバイオロボへ続きます。続きは↑画像をクリックかタップして下さいませ。 

 

スーパーミニプラ バイオロボ スーパーミニプラ ビクトリーロボ スーパーミニプラ マックスビクトリーロボ スーパーミニプラ グランドライナー スーパーミニプラ ジャガーバルカン スーパーミニプラ レオパルドン スーパーミニプラ ギャラクシーメガ スーパーミニプラ 無敵将軍 スーパーミニプラ 飛影 Vol.1 スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 1 アクティックギア ラビドリードッグ MG ヘイズル改 MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka MG フルアーマーガンダム ブルーVer. MG F91 Ver.2.0

 

ホームへ戻る