スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 Vol.1 レビュー

2019.07.29

価格:6900円 税抜き。2019.07.29発売。

バンダイ製品です。3個入りBOXを買いました。

一生懸命にボトムズ アクティックギアを

並べてみましたが意外と少ないなぁ。

なんかドーン・オブ・ザ・デッドみたいな囲まれ方してますね。

↑ まずはデスメッセンジャーのランナー状態から。

※順番は撮り易い順です。

↑ 最初から切り離されているパーツ。

塗装がされているパーツもあります。

チューブ状のパーツはプラ製です('∀';)

↑ 説明書。 バイザーの開閉無し。

アームパンチの伸縮無し。

見た感じ、アームパンチ伸縮は

改造で出来る様に見えます。

降着ポーズはパーツ差し替え再現です。

操縦席は簡単に取り外せるのが分かります('▽')ノ

説明書画像はスマホの場合は横にしてご覧ください

↑ 説明書裏。

股関節は下げられる様に出来ているのが分かりますね。

アクション面ではタカトミより良い部分はあります。

ギミックではスーパーミニプラは大人の事情なのか

かなり省略されてます。

↑ 外箱。

↑ それぞれの箱。簡単な機体解説が載ってます。

この機体解説は下で記載します。

横と後はほぼ同じデザインです。

↑ ベルゼルガBTSのランナー。

↑ シャドウフレアのランナー状態。

↑ アンテナは皆、この様に繋がってしまってますね。

折れる心配が少ないので遊ぶ際は良いかもしれません。

↑ 左手はアイアンクローのみではなく

コブシが有るのですね。

鉤爪腕はこういう感じの方が汎用性はありますよね。

↑ パーツ数が他より多いです。

大型なので更にそう感じます。

↑ スーパーミニプラ AT(アーマードトルーパー)3体完成です。

ストーリーは知りませんが模型誌などでは

シャドウフレアとベルゼルガBTSはたまに見ますよね。

↑ BTSの腰にジョイント穴が開いちゃってますが

バンダイなどが出してるディスプレイベースを

差し込めますのでアクション性は良いです。

他2体はスカートアーマーの下にジョイントあります(#^^#)

↑ やはりシャドウフレアが一番ボリュームがあります。

今回の目玉商品はこのシャドウフレアですかな?

↑ ベルゼルガBTS。クエント人の傭兵シャ・バックが

戦時中の重装甲型ATをバトリング用に改造した機体。

シャ・バックの死後、ケイン=マクドガルが

新たな所有者となった。装備されているパイルバンカーは

ATの格闘兵器としては最強クラスの破壊力を持つ。

と、箱に書かれています。

武装は敢えて外して撮っています。

↑ 可動範囲。良く動きます。

頭部の回転はアクティックギアのベルゼルガ同様に

あまり回りません。形状のせいなので

仕方のない部分です。

↑ シールドは2.5mm径での接続です。パイルバンカーの芯は

キツくてスライド出来なかったので少し削って対応しました

↑ 武器の持つ所も2.5mm径ぐらいで単体の見栄えは良くないですが

スーパーミニプラは同じ径なので機体間で武器の交換が出来ます!

騎士ということで騎士ガンダムのスピアを連想させる武器ですね。

↑ パイロットは付属していないです。

ポジティブに考えればパイロットの紛失を

心配しなくて良いですよね。

後で何かに付くのかもしれませんけど。

↑ ダイアクロン隊員 搭乗可能!

タカラトミーのアクティックギアもスコープドッグ系以外は

無改造で乗れるのも多いです。

↑ 食玩 ガンダム マイクロウォーズのパイロットは大きくて

乗れないのですがシートが簡単に外せるので

今回のAT全てに乗せられます!( ;∀;)

twitterの情報だとシート外さなくても

何とか乗れるみたいです。

↑ 降着用の差し替えパーツ(右端のパーツ)。

膝パーツを塗装してしまっている為に凄く

キツくなっていたので削っています。

脛アーマーは外さないと膝関節パーツは外せないので

外す順番は注意が必要です。

元々脛アーマーは余剰という設定なのかな?(*´▽`*;)

↑ 降着ポーズが再現できるダケ良き。

という事にしておきましょう!(#^.^#)

↑ 左からベルゼルガDT、BTS、ベルゼルガです。

両端はタカラトミーのアクティックギアです。

DTはラビドリードッグとセットのヤツですね。

青の騎士のATは少し頭身が異なるので

TVアニメのATよりヒロイックになってます。

↑ 素敵な小隊が組めました。

これが全部乗り捨てられると思うとワクワクしますね(*´▽`*)

↑ パイルバンカー三連星からは逃れられない……!

↑ アクティックギアのブラッドサッカーと。

悪の小隊といった感じで今回

一番、並べてみたかった光景です(;∀; )

↑ 暗黒面。TF スターウォーズのベイダー卿と。

↑ 勿論、ダイアクロン隊員を載せられます。

↑ 今回のスーパーミニプラは足が大きいので

アクティックギアのドッグキャリアー(ソリ)には

乗せられませんでした。

↑ スーパーミニプラ シャドウフレア。

謎多き漆黒のAT。左手にアイアンクローを装備し

右腕には大型のソリッドシューター(バズーカ砲)を

備え、その圧倒的な戦闘力に、

バトリングの対戦相手は、5分と保ったものはいないと言われる。

↑ 可動域はこれぐらい。

ベルゼルガBTSと同じぐらいですが

腕の可動域がやや劣るかな?という感じです。

こんなハッスルしたポーズナカナカとらない

とは思いますが(^^;)

↑ アイアンクロー。流石にスライドギミックは

付けたみたいですね。

↑ シート外したらダースベイダー卿が乗れました。

膝が曲がらなくても乗れたのは嬉しいです。

↑ 武器はBTSのも似合います!

両手持ち可能なので。今後も武器に期待できますね。

↑ 今、爆熱するのは師匠とこのオレ、

漆黒!アイアンクローフィンガー!!

何かマスターガンダムっぽく思えてきたというか

東方先生が乗りそうな機体に見えたので。

↑ 降着は勿論、差し替えパーツ再現です。

↑ 楽しかった修学旅行!(修学旅行!)

ビッグキャリーにもスーパーミニプラAT乗れました。

アクティックギア用なので若干長さが足りないかも。

↑ スーパーミニプラ デスメッセンジャー。

元レッドショルダー部隊のラドルフ・ディスコーマの

搭乗するスコープドッグ タイプのAT。背部にあるミッションパックには、

シャドウフレアの過去の対戦データがインプットされている。

ノーマルのスコタコに似ていますが下半身やバックパック、

武器等が違います。

肩のフックも無く、頭部アンテナは右に付いてます。

↑ 可動範囲。特に接地性が良いです。

スーパーミニプラ版はどれも足首関節が引き出せます。

↑ ハイキック。足首が通常のスコープドッグより大きいので

安定性が高いですね。

ただ、食玩なので右足の膝関節が真っすぐでなかったり。

多少不具合はあります。彫刻刀で削って対応しました。

ある程度治せる技術か道具を持っている人向けな所は少しありますね((+_+))

↑ コックピットも他と同様に他玩具のパイロットを乗せられます。

↑ ミッションパックは別種が出たら交換できる様に

なってる気もしますが先の事は分かりません(*^-^*)

↑ 降着。差し替えですがこの纏まり感は良いですよね。

↑ スーパーミニプラのデスメッセンジャーはアクティックギアより

一回り大きいです。ダイアクロン パワードスーツも混ざってますが(*´▽`*)

↑ お前はペールゼン大佐か!(当サイトでは2回目)。

というわけで、ボトムズ スーパーミニプラ 青のベルゼルガ物語でした。

食玩の域を出ない玩具ではありますがサイズ、アクション性は良好で

お値段に納得できれば満足な玩具であります('▽'*)

 

スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 3 スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 2 スーパーミニプラ 飛影 Vol.1 ミニプラ キラメイジン ガンダム マイクロウォーズSP スーパーミニプラ ギャラクシーメガ スーパーミニプラ 無敵将軍 MG ヘイズル改 MG Hi-ν ガンダム Ver.Ka MG フルアーマーガンダム ブルーVer. MG F91 Ver.2.0

 

ホームへ戻る